お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

融資プランニングサービス financing planning
service

計画的で戦略的な融資をプランニングを。

融資プランニングサービスとは、簡単にいうと、資金調達のサポートを行うサービスです。
Soogolの融資プランナーが、「金融機関対応が苦手」という経営者様に代わって、計画書類の作成から融資のコーディネート、金融機関の選定、そして金融機関担当者への説明までを一括してサポートいたします。

「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を差し出す」という言葉もあります。
銀行は晴れの日(経営好調の時)はどんどん貸すが、会社が雨の日(経営苦境の時)になると銀行は傘(融資)を引き上げるという意味です。
会社にとって、資金の枯渇は倒産を意味します。

計画的で戦略的な融資をプランニングしますので、どうごご活用ください

https://soogol.jp/wp-content/uploads/2017/08/ginkoyushi.jpg

自分で融資手続きをする場合に困るこんなこと

  1. 事業計画など書類を自分一人で作らなくてはいけない
    融資を申し込む際は、金融機関にどんなビジネスを行うのか説明するため、事業計画書を作成しなくてはなりません。その中では、融資資金の使い道はもちろんのこと、商品別の売上構成比、販売先・仕入先、見込んでいる経費(設備費、運転資金)などを詳細に記載していく必要があります。自分で考えているビジネスとはいえ、実際にどの程度の費用が必要なのか、他社ではどのぐらいのお金がかかっているのかなどを踏まえた、金融機関を納得させる資料を自力で作ることは非常に難易度が高いものです。また、それ以外にも多数の書類が必要となり、融資を受けたいと思っていてもここで挫折してしまう方もいらっしゃいます。
  2.  

  3. 作成した数字の「根拠」を話せるようにならないといけない
    苦労して事業計画書を作成し、各種の数字を埋められたとしても、それぞれの数字の根拠は面談の際に確認されます。そこでは、「大体このぐらい」と言うような感覚での説明は通用せず、他社での実績を元にしたものや、これまでの実績などの確かな根拠を基にした数字でないと、せっかく作った資料でも、まともに取り合ってもらえずに、断られてしまうこともあります。
  4.  

  5. 面談では孤立無援で立ち向かわなくてはならない
    面談の際には、事業計画の数字の説明だけでなく、これまでの経歴や仕事内容、創業の経緯などを聞かれながら、経営者の「人となり」を見られます。ここで、金融機関の評価がマイナスになるようなことを伝えてしまうと、融資額の減額の原因や融資を断られる原因になってしまうこともあるのです。
  6.  

  7. 一度融資に失敗してしまうと再チャレンジが難しい
    融資の申込に失敗してしまうと、少なくてもすぐに再申込はできません。最低でも半年以上の期間を置く必要があります。さらに、再度申込したとしても、状況が大きく変わっていない限り希望の条件で借りられることは少ないです。また、融資失敗の履歴も残ってしまうため、結果的に一度失敗してしまった創業融資の申込を成功させるのは非常に難しいと言えます。

Soogolで融資をうけるメリット

  1. 融資における必要なプロセスを全面サポートします
    Soogolでは、事業計画書の作成を一からサポートいたします。これまでの多数の実績と、同業他社の事例をご提供しつつ、融資がおりやすくなる事業計画書の作成をアドバイスいたします。また、「どの金融機関に相談するのが一番いいのか」「自分のステージに一番あった金融機関はどこなのか」というご相談にもお答えして、金融機関の選定を行います。さらに、金融機関担当者との直接交渉もこちらで行いますので、経営者様は最低限の面接だけでOKです。
  2. 【融資プランニングサービス内容】

    • 必要な調達金額の算出
    • 調達スキームの選定
    • 事業計画書の作成アドバイス
    • 金融機関の選定、コーディネート
    • 金融機関への説明
  3. 一般社団法人 銀行融資プランナー協会の正会員です
    Soogolは「一般社団法人 銀行融資プランナー協会」の正会員です。一般社団法人 銀行融資プランナー協会とは、中小企業の円滑な銀行取引を支援するための体制整備を目的とした協会です。中小企業の融資に特化した協会の正会員として、日々実践を積むだけでなく、様々な情報を駆使して経営者様の資金調達をサポートします。
  4. クライアントが日々行っている経済活動が、同社の資金繰りに与える影響を管理・予測し、必要に応じて資金調達等の支援を行う。
  5. 銀行を含むステークスホルダーに対し、クライアントの財務状況や将来の計画等を正確にディスクローズするための資料整備を支援する。
  6. クライアントの財務知識の向上を促す。
  7. 上記を通じて、企業と銀行の円滑な取引関係の構築を支援する。
  8.  

  9. Soogolは「認定経営革新等支援機関」です
    認定支援機関とは、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づき、主務大臣の認定を受けた税理士・金融機関等の専門家のことです。融資の中には、認定支援機関からのサポートを受けることを条件に実行される融資があります。たとえば、日本政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」制度は、中小企業の資金調達にあたって、認定経営革新等支援機関と連携して中小企業者の事業計画の策定支援や継続的な経営支援を行い、中小企業者の経営力の強化を図ることを目的として創設された制度です。中小企業者が認定経営革新等支援機関の力を借りながら、経営改善に取り組む場合に信用保証料を減免し、金融面だけでなく、経営の状態を改善する取り組みを協力にサポートします。

Soogolでは、認定経営革新等支援機関である強みを活かし、中小企業向け融資の経験豊富なコンサルタントが全面的に融資支援コンサルティングを致します。



icon-up-arrow

無料相談 受付 FREE CONSULTATION

事前予約制になりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

icon-phone

03-5846-8263

受付時間 9:00-18:00(平日)

詳しくはこちら