お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マネジメントアドバイザリーサービス Management Advisory
Service

孤独な“経営マネジメント”の強力な後ろ盾として

MASとは「マネジメント・アドバイザリー・サービス」の頭文字をとったものです。

マネジメントとは、ビジネス上における資産やリスクなどを管理し、経営上の効果を最適化する手法のことを指します。

アドバイザリーとは、クライアントの抱える課題やニーズに対して、専門知識を用いて解決策を提案・実行していくことをいいます。

つまりMASとは、ひとことで言うなら「孤独な経営者にとっての良き理解者であり指南者」と言えるでしょう。

https://soogol.jp/wp-content/uploads/2017/08/mas.jpg

MASを行うメリット

  1. 立てた経営計画を着実に実行できます中期5カ年計画や、単年度計画がどんなに立派でも、立てただけでは計画通りに進めるのは難しいものです。計画を着実に実行させるには、毎月の予算と実績との“ズレ”を把握し、軌道修正することが大切です。
  2. 毎月の資金繰りに困ることなく、未来に目を向けることができます毎月の資金繰りに困ることなく経営を行うには、試算表による経営状況の把握のほかに、資金繰り表による資金の予測、金融機関との円滑な関係構築が必要です。MASを取り入れることにより、経営計画との見直しをはかりつつ、資金繰りの予測をたて、金融機関からの借入の検討をし、今後の事業活動に必要な資金計画をたてることができます。
  3. 経営会議の開催により、社外の意見を取り入れることができます社内の人間だけでは、どうしても閉鎖的で偏った意見ばかりの経営会議になりがちです。MASを取り入れることにより、社外の全く違った意見を取り入れた経営会議を開催することが可能です。
  4. 組織力を強化できます経営を発展させるためには、後継者や経営幹部の育成は必須事項です。MASを取り入れることにより、経営者と共に経営参画意識の高い社員を創り、組織をより強固に仕上げます。
  5. 孤独な経営マネジメントの強力な後ろ盾ができます「経営者は孤独」と言われます。最終意思決定は経営者であり、経営者に指示・命令を出す人はいません。だからこそ、私たちは「最終意思決定前の良き理解者でありたい」と思っています。

MAS関連サポートのご案内

※別途サポート料金をいただくものがございます。詳しくは担当者にご相談ください。

  1. “中期5カ年”経営計画立案セミナー(将軍の日)
    経営者がご自身の会社の経営をじっくり考えていただくための一日セミナーです。少人数限定、実習方式で、5年間の損益、財産状態、キャッシュフローを総合的に確認しながら、何度でもシミュレーションが行えます。主な目的としては、経営課題(資金調達、新規投資、店舗撤退、事業承継など)を解決することに適しています。

    1. 未来の数値を視覚化できます
    2. 短期集中で実践できます
    3. 何度でもシミュレーションできます
  2. “単年度”経営計画立案サポート
    5カ年計画を立てた次のステップは、単年度のアクションプラン、月別数値計画をたてます。月別に数値を落とし込み、1年間の損益・資金繰りの見通しを立てます。具体的には、必要固定費、借入返済必要額、目標売上、目標粗利、回収支払条件などのシミュレーションを行い、行動計画(戦術)と損益・資金の一年間の見通しを立てるのが、単年度経営計画立案サポートです。

    1. ドンブリ勘定から脱却できます
    2. 計画の“見える化”が可能になります
  3. “月次” 予算と実績の達成管理サポート
    計画通りに経営をすすめることはなかなか難しいことです。だからこそ「達成管理の仕組み」による軌道修正が不可欠です。毎月、計画と実績を対比して計画とのズレを把握し、ズレの原因を探り、今後の資金繰り予測を行うことで、その後のアクションプランの軌道修正ができるようになります。

    1. 毎月、予算と実績のズレの確認ができます
    2. 予算を達成するためのアクションプランが明確化します
  4. 経営会議の開催サポート
    経営者にとって、マネジメントは孤独な業務です。社内で様々な意見交換を行っても、最終的には自分一人で意思決定を行わなければなりません。このサポートでは、社外の第三者として、経営会議の開催を通じて異なる意見や考え方のご提案いたします。

    1. 経営層だけでなく、部門ごと、プロジェクトごとなどさまざまな経営会議の開催をサポートします
  5. 財務モニタリングサポート
    会社にとって、キャッシュ(資金)の枯渇は倒産を意味します。財務とは、経理のまとめた帳簿や決算書をもとに、会社の資金繰りや予算管理、資金調達(銀行融資)、余裕資金の計画を行うことをいいます。財務モニタリングサポートでは、今後の事業活動に必要なお金の計画を立て、足りなければ資金調達をし、余裕資金があればさらなる投資先を検討します。

    1. 毎月、資金繰りに追われる心配がなくなります
    2. 未来の業績向上や投資にお金を使えます
  6. 銀行融資プランニングサポート
    経営の中で重要な要素の1つは“資金の確保”です。経営計画を実現する上で、資金不足がネックとなったり、さらなる成長にはまとまった資金を確保することが必要です。金融機関とのやりとりまでサポートし、資金調達の可能性を最大限に引き出します。

    1. 金融機関とのやりとりまでサポートします
    2. 自分で行うより融資実行可能性が高まります
  7. 組織力 強化支援サポート
    経営を発展させるためには、後継者や経営幹部の育成は必須事項です。つまり組織とは、“人”をつくることです。組織力強化支援サポートでは、経営者の「経営」と「戦略」を理解し、共有することで、組織の力を強化します。経営者と共に検討することで、経営参画意識の高い社員を創り、組織をより強固に仕上げます。

    1. 経営者を支えるナンバー2や幹部を育てます
    2. 会社をより「組織」として機能させます

よくあるご質問 Q&A

お客さまからよくいただくご質問をまとめました。サービスに関しての疑問点は、まずこちらをご覧いただき、その他のご質問に関しましては、お問合せフォームからお問合せください。



icon-up-arrow

無料相談 受付 FREE CONSULTATION

事前予約制になりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

icon-phone

03-5846-8263

受付時間 9:00-18:00(平日)

詳しくはこちら